自動車事故の後遺症

交通事故で人身が絡むと、病院に連れて行くことは当たり前の事ですが、もし無保険車両だとしたら、救急車や警察の出動要請をしてくれるでしょうか。後遺症があったらどうなるのでしょうか。

自動車損害賠償保障法施行(1955年、昭和30年)に伴い開始された対人保険制度で、被害者を救済するための補償を目的としたものです。従って、交通事故において被害者に過失があっても原則として無過失責任主義に基づいて、一定の割合(70%)までは過失相殺による減額はされず、損害に対する保険金は100%支払われることになります。

ただし、一定の割合以上になる場合は重過失減額とする規定になっています。重過失減額には、20%から50%の範囲があり、被害者が一方的に悪ければ、100%減額ということもあるのです。車両の運転手側に大きな責任があることには変わりはありません。自動車や二輪軽自動車、原動機付自転車は、必ず自動車損害賠償責任保険に加入する必要があります。

無保険車両が原因で被害者が発生した場合は、自動車損害賠償責任保険から支払われることはありませんので、国の自動車損害賠償保障事業により、後遺症に対する賠償責任を自動車損害賠償責任保険と同じ料率で被害者に立替弁済されることになるのです。無保険車両を運転していたものには、刑事罰が科せられます。