後遺症の公的相談機関

後遺症は、交通事故だけではなく、あらゆる事態に於いて発生します。ここでは自動車事故の後遺症に関して助言や相談について考えるものです。

交通事故に遭遇して、かすり傷程度の怪我をし、何ともないから大丈夫と思って、物損事故として処理した後、首筋に痛みを感じるようになった時、一旦物損事故で処理したものを覆すためには被害者単独で処理することは大変難しいと思います。警察も物損事故なら簡単に処理できますが、人身事故となると刑事事件として扱わなくてはならないから面倒なのです。

先ず最初に医師の診察を受け、後遺障害診断書もしくは一般の診断書を作成してもらい、警察に届出します。警察は、これを受理して人身事故扱いに変更してくれます。自己との因果関係が求められますから、できるだけ早め(10日程度)にすることです。警察が受理しない場合は、加害者側の任意保険会社に人身事故証明入手不能理由書を提出することにより人身事故扱いとなります。この書類は、任意保険会社で貰う事が可能です。また、警察が受理してくれれば、交通事故証明書が発行され、後は順調に捗ると思います。

交通事故による後遺症の等級取得は弁護士に相談することも可能です。交通事故直後に症状がでないからといって油断せず、慎重に対応を進めていくことをおすすめいたします。